ストライダースポーツモデルで子どもの脳の活性化!

 

ストライダーは全世界で売れているランニングバイクです。

つまり「ペダル無し自転車」なんです。

子どものバランス感覚と反射神経は幼時に鍛えられます。

ストライダーの重さは3キロ。

子どもにも持てる重さです。

さらにペダルだけでなくブレーキレバーがありません。

全て自分の足で反射的な動作でコントロールします。

 

 

ですから、急な斜面では絶対に乗らないでくださいね。

コントロール不能なスピードが出てしまうと危険です。

またヘルメットは必ず被ってください。

 

公園などの平地で、原っぱで、自分の足でずんずん進む
楽しさが、子どものバランス感覚を自然に鍛えてくれます。

 

この時期にしか身につけられないこの感覚は、将来自分の
身体のコントロール、バランスを保つ力となって、スポー
ツにも役立つでしょう。

 

楽しく遊んで、自然に身体の使い方が学べる、

それがストライダーです。

世界中で愛されている理由でもあります。

 

親の愛情と見守りが子どもを育てます。

身体を使いこなせる子どもになるには

2~3歳の時期が一番大切です。

 

将来の子どもの基礎をしっかり作ってあげましょう。

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。